CATEGORY

直腸脱

  • 2020年8月4日
  • 2020年8月1日

直腸脱は痔核とまぎらわしいので、誤診しないよう注意しています。

おはようございます。辻仲病院柏の葉・骨盤臓器脱外科の赤木一成です。 当院は年間100例の直腸脱手術を行っており、これはたぶん全国トップの件数です。   痔核の手術をするつもりで、いざ麻酔をかけたら、直腸脱だった・・・ これって、肛門外科を長 […]

  • 2018年12月28日
  • 2020年7月19日

直腸脱のいろいろな手術を比較する

直腸脱の手術は、経肛門手術(デロルメ法・三輪-Gant法)と経腹手術(直腸固定術)に分けられる。 直腸脱の大半は高齢者に生じるので、侵襲(ダメージ)の少ない経肛門手術が選択されることが多い。 経腹手術は経肛門手術より侵襲が大きい手術なので、これを行う […]

  • 2018年12月28日
  • 2020年7月19日

直腸脱の手術(三輪-Gant法)

  ・直腸脱の手術:三輪-Gant法について。 ・全身麻酔が不要でもっとも侵襲(ダメージ)が小さい手術なので、高齢でリスクの高い人に行われる。   三輪-Gant法の手順を示す。 脱出した直腸の表面をおおっている粘膜をつまんで、つ […]

  • 2018年12月28日
  • 2020年7月19日

直腸脱の手術(デロルメ法)

  ・脱出している直腸の粘膜をはがして、筋肉を縫い縮める方法。 ・全身麻酔が不要で、かつ成績もよいので、高齢者によく行われる術式のひとつ。     デロルメ法について解説する。 デロルメ法は粘膜をはがして、筋肉をアコーデ […]

  • 2018年12月27日
  • 2020年7月19日

子宮脱と直腸脱の合併例

  高齢の女性では、子宮脱と直腸脱を合併していることがある。子宮脱と直腸脱の両方に対応できる病院は、全国的にも数少ない。手術すればほとんどの場合再発なく治せる。もし再発した場合には次の手を打つことで全員治せている。     […]

  • 2018年12月27日
  • 2020年7月19日

直腸脱まとめ

  直腸脱は、直腸が肛門から脱出してくる疾患であり、高齢の女性によく見られます。子宮脱や膀胱瘤といった他の臓器の脱出を伴っていることもよくあります。 直腸脱は自然には治らないので、治すには手術が必要です。直腸脱の手術には、肛門側から行う手術 […]

  • 2018年12月27日
  • 2020年7月19日

直腸脱は痔核とどう違うのか?

・直腸脱と痔核はときに間違われることがある。 ・まぎらわしいときには、トイレにしゃがんだ状態で直接観察する必要がある。 直腸脱と痔核は訴えが似ている。 直腸脱は、直腸が脱出する状態。   痔核は、肛門の痔核成分が脱出してくる状態。 診察時に […]

  • 2018年12月27日
  • 2020年7月19日

直腸脱の手術(直腸固定術)

  この手術は、肛門側からではなく「おなかの中」から行われる。 かつては下腹部を20~30cmくらい切開して開腹手術を行っていたが、最近では腹腔鏡というカメラ器械を用いて、小さい傷でできるようになっている。   直腸が脱出している […]

  • 2018年12月27日
  • 2020年7月19日

直腸脱の手術(ティールシュ法)

  ティールシュ法(Thiersch法)は、特殊な繊維を肛門周囲にリング状に留置して、再発を減らす目的で行われる。 ナイロン糸や、整形外科領域で使われる人工靭帯などが素材として用いられている。   ティールシュ法は単独でおこなわれ […]

  • 2018年12月27日
  • 2020年7月19日

直腸脱のタイプ

・直腸脱は「完全直腸脱」と「不完全直腸脱」に分けられる。 ・直腸脱のタイプによって、治療方針が異なる。   完全直腸脱 直腸の筋肉を含んだ直腸の全層が、大きく脱出してくる。   不完全直腸脱(直腸粘膜脱) 直腸表面の粘膜だけが、少 […]