直腸脱は、直腸が肛門から脱出してくる疾患であり、高齢の女性によく見られます。子宮脱や膀胱瘤といった他の臓器の脱出を伴っていることもよくあります。

直腸脱は自然には治らないので、治すには手術が必要です。直腸脱の手術には、肛門側から行う手術(経肛門手術)と、おなかの中から行う手術(経腹手術)があります。

われわれの施設は、おそらく全国最多の直腸脱手術実績を有しています。状況に応じて経肛門手術と経腹手術から最適な術式を選択し、治療に取り組んでいます。

 

 

直腸脱とはどんな病気?

直腸脱は、骨盤臓器が「肛門」から脱出してくるタイプの骨盤臓器脱です。

この直腸脱は、高齢の女性によく見られます。加齢によって直腸を支える筋肉が弱ってくることで、直腸が脱出してくるわけです。

直腸脱は脱出の程度に応じて、完全直腸脱と不完全直腸脱があります。

脱出する腸の長さはさまざまで、ほんのちょっとしか脱出しない人もいれば、30cmくらい脱出するケースもあります。

直腸脱は通常排便時だけ脱出して、排便後には戻ることが多いのですが、重症化すると脱出したままになります。このような場合には、出血や痛みを伴ってくることもあります。

また、直腸脱がさらに重症化した場合には、直腸がおおきく腫れて戻らなくなることもあります(かんとん直腸脱)

直腸脱を有する人の多くは、肛門のしまりがゆるくなって便失禁を伴っています。また子宮脱や膀胱瘤など、他の臓器の脱出を伴っていることもあります。

 

直腸脱の手術

直腸脱を治すには手術が必要です。自然に治ることはありません。

直腸脱の手術は、肛門側から行う手術(経肛門手術)と、おなかの中から行う手術(経腹手術)の二種類に分けられます。

経肛門手術は「デロルメ法」と「三輪-Gant法」が主なものであり、経腹手術には「腹腔鏡下直腸固定術」が行われています。

 

デロルメ法(経肛門手術)

デロルメ法の概要を示します。手順は以下のごとくです。

①電気メスで直腸の粘膜をはがしていく。

②粘膜をはがし終えたところ。下に直腸の筋肉(筋層)がある。

③筋層を図のように縫っていく。

④糸をしばると、直腸が正常の位置に戻っていく。余った粘膜は切り捨てて、粘膜同士を縫合する。

⑤肛門がゆるいと再発の可能性が高くなるので、再発予防として、特殊な繊維を肛門周囲にリング状に留置する(ティールシュ法) 右側が手術終了時の断面図。直腸がアコーディオン状に縫い縮められている。

 

デロルメ法は全身麻酔が不要でおなかを切る必要がないため、侵襲(ダメージ)が少ない術式です。また経肛門手術のなかでは再発が少ないため、高齢者の直腸脱ではもっとも多く行われています。

 

三輪-Gant法(経肛門手術)

三輪-Gant法の概要を示します。手順は以下のごとくです。

①直腸の粘膜に糸をかけてしばる。

②一か所しばり終えたところ。

③数十か所しばっていく。

④たくさんしばっていくと同時に、脱出していた直腸が奥に引っ込んでいく。

⑤肛門がゆるいと再発の可能性が高くなるので、再発予防として、特殊な繊維を肛門周囲にリング状に留置する(ティールシュ法)

 

三輪-Gant法も経肛門手術なので、全身麻酔が不要でおなかを切る必要がありません。さらに粘膜を切ったり縫ったりする必要も無いので、直腸脱手術の中でもっとも侵襲(ダメージ)が小さい手術です。そのかわり再発率がデロルメ法より若干高くなる傾向にあります。

 

直腸固定術(経腹手術)

 

直腸固定術の概要を示します。手順は以下のごとくです。

①手術はおなかの中から行う。直腸を周囲からはがしていく(剥離)

②剥離してぶらぶらになった直腸をひっぱりあげて正常の位置に戻す。

③直腸を腰の骨(仙骨)に固定する。

 

直腸固定術はおなかの中から行う手術です。全身麻酔が必要で、おなかの中から内臓を切ったり縫ったりする必要があり、また手術時間も長くなるため、侵襲(ダメージ)が大きくなります。だからこの手術は、高齢者に行われることはあまりなく、体力のある若い人を中心に行っています。

 

どの術式がいいの?

直腸脱は高齢者に多いため、高齢者では侵襲の小さい経肛門手術(デロルメ法・三輪-Gant法)を第一選択としています。

経腹手術(直腸固定術)は、「比較的若い人で、大きく脱出する直腸脱」「経肛門手術で再発を繰り返す」などの場合に行っています。

経肛門手術と経腹手術の両方について十分な経験を有している病院は、全国的にもほとんど存在しないのが現状です。

われわれの施設は、おそらく全国最多の直腸脱手術実績を有しています。

直腸脱の状況に応じて、経肛門手術と経腹手術から最適な術式を選択して治療に取り組んでいます。

長年にわたって術式改良を積み重ねてきた結果、近年の治療成績は過去と比べて飛躍的に向上してきています。

 

直腸脱専門外来

骨盤臓器脱とは、骨盤臓器(直腸・子宮・膀胱・小腸)が膣や肛門から脱出する疾患のことをいいます。

直腸脱・子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤など、さまざまなものがあります。

辻仲病院では年間約100例・通算2000例近い直腸脱の手術を行っており、これはおそらく全国最多の手術実績です。

千葉県・茨城県・埼玉県を中心に、全国各地から直腸脱で悩む方が多数受診されています。

 

辻仲病院柏の葉 骨盤臓器脱専門外来

管理者(赤木)は火曜午後・金曜午後を担当しています。

辻仲病院柏の葉:04-7137-3737

予約専用電話(おすすめ):04-7137-6283 (14:00~17:00)

 

直腸脱とはなにか

・直腸脱とは、直腸が肛門から脱出してくる状態のことをいう。 ・直腸脱は高齢の女性に多い。 ・直腸脱を治すには手術が必要。   正常...

詳しくはこちら

直腸脱の原因

直腸脱の原因として、二つの説が唱えられている。 加齢にしたがって肛門挙筋や括約筋の機能が低下し、さらに会陰が下がってきて直腸脱が発生するという説。(高齢者の直腸脱の原因はこれ...

詳しくはこちら

直腸脱の症状

■脱出 直腸脱症状でもっとも多いのは「脱出する」という訴え。 「排便時に脱出する」 「立ったり歩いたりすると出る」 「常に出っぱなし」 など、脱出の程度はさまざま。 ...

詳しくはこちら

直腸脱のタイプ

・直腸脱は「完全直腸脱」と「不完全直腸脱」に分けられる。 ・直腸脱のタイプによって、治療方針が異なる。   完全直腸脱 直腸の筋肉...

詳しくはこちら

直腸脱は痔核とどう違うのか?

・直腸脱と痔核はときに間違われることがある。 ・まぎらわしいときには、トイレにしゃがんだ状態で直接観察する必要がある。   直腸脱と痔核...

詳しくはこちら

直腸脱はどんな人に多い?

直腸脱の大半(9割以上)は、高齢の女性に起こる。 70代、80代と年齢があがるにつれて、発症の頻度が高くなってくる。 高齢者の直腸脱は、若い人の直腸脱ほど大きく脱出しな...

詳しくはこちら

直腸脱と肛門機能障害

直腸脱を有する人の多くは、肛門のしまりがゆるくなって便失禁を伴っている。 手術前に、「肛門内圧検査」を行って、括約筋のしまりを評価する必要がある。 肛門内圧が正常の人に...

詳しくはこちら

直腸脱の術式を比較する

直腸脱の手術は、経肛門手術(デロルメ法・三輪-Gant法)と経腹手術(直腸固定術)に分けられる。 直腸脱の大半は高齢者に生じるので、侵襲(ダメージ)の少ない経肛門手術が選択さ...

詳しくはこちら

直腸脱の手術(デロルメ法)

・脱出している直腸の粘膜をはがして、筋肉を縫い縮める方法。 ・全身麻酔が不要で、かつ成績もよいので、高齢者によく行われる術式のひとつ。   ...

詳しくはこちら

直腸脱の手術(三輪-Gant法)

・直腸脱の手術:三輪-Gant法について。 ・全身麻酔が不要で簡便に行えるので、高齢者でリスクの高い人によく行われる。   脱出した直腸...

詳しくはこちら

直腸脱の手術:ティールシュ法 (Thiersch法)

ティールシュ法は、特殊な繊維を肛門周囲にリング状に留置して、再発を減らす目的で行われる。 ナイロン糸や、整形外科領域で使われる人工靭帯などが素材として用いられている。 ...

詳しくはこちら

直腸脱の手術(直腸固定術)

この手術は、肛門側からではなく「おなかの中」から行われる。 かつては下腹部を20~30cmくらい切開して開腹手術を行っていたが、最近では腹腔鏡というカメラ器械を用いて、小さい...

詳しくはこちら

直腸脱の手術成績

直腸脱の手術を行った場合、どうしても一定割合で再発が起こる可能性がある。 この再発率は、術式により異なる。 高齢者ではもともと肛門のしまりがゆるくなっており、直腸の支持も弱...

詳しくはこちら