直腸脱を有する人の多くは、肛門のしまりがゆるくなって便失禁を伴っている。

手術前に、「肛門内圧検査」を行って、括約筋のしまりを評価する必要がある。

肛門内圧が正常の人にくらべて何分の一に低下していることもよくある。

括約筋の機能が低下している場合には、ティールシュ法でゆるくなった肛門のしまりを補強したり、手術時に括約筋を縫い縮めたりすることがある。

術後に肛門括約筋の筋力トレーニング(バイオフィードバックなど)を行うこともある。

手術がうまくいって直腸が脱出しなくなったら、括約筋の機能もある程度改善してくることが多い。