子宮脱手術で手術の傷は目立つの? 傷が治ったら見えなくなります。

 

わたし、子宮脱の手術を受けることになったんです。

手術の傷は目立つのかしら?

温泉とかで恥ずかしくないかしら?

こんな疑問に答えます。

 

✔本記事の内容

  • 子宮脱手術の傷は他人が見てもわかりません。
  • みなさん元気にプールや温泉を楽しんでおられますよ。

女性ですから、子宮脱の手術のあとに傷が目立つかどうか、誰だって気になりますよね。

たまにこの質問が来るので、ここで回答したいと思います。

 

子宮脱手術の傷は他人が見てもわかりません。

まず結論から。

わたくしがこれまでに手がけた、1300例超の子宮脱膀胱瘤手術の患者さんで、「傷が目立って困る」という苦情を受けたことはありません。

 

子宮脱の手術でできる傷は、二か所あります。

ひとつは「膣壁の傷」、もうひとつは「肛門近くの皮膚の傷」です。

 

まず「膣壁の傷」ですが、これは手術の操作で必ず必要な傷になります。

子宮を吊り上げたり、膀胱瘤を縫い縮めるために、5㎝ほど切開する必要があるわけですね(図の赤矢印のところ)。

この膣壁の傷は、子宮が元の位置に戻ってしまえば、膣の中にかくれてしまうので、外からは見えなくなります。

 

もうひとつは、「肛門近くの皮膚の傷」です(図の青矢印)

これは子宮を吊り上げるための「糸」や「メッシュ」を通す操作を行うために、どうしても必要な傷です。

この傷は5㎜くらいのものなので、治ってしまえばほとんど分からなくなります。

 

みなさんプールや温泉を楽しんでおられますよ。

ということで、子宮脱の手術のあとに、傷が目立つことを心配する必要はありません。

子宮が出てて温泉やプールを我慢してた方々も、手術を受けて子宮脱が治ったら、みなさん元気に通ってらっしゃいますよ。

 

赤木一成 辻仲病院柏の葉・骨盤臓器脱外科