骨盤臓器脱手術を受けたご婦人たちは、仲良くなっておしゃべりしてます(笑)

 

おはようございます。

辻仲病院柏の葉・骨盤臓器脱外科の赤木一成です。

 

わたくし、一週間に5~7人の骨盤臓器脱手術(子宮脱や膀胱瘤直腸瘤など)手術を行っています。

入院期間は、だいたい一週間です。

ということは、いつも病棟には、5~7人の骨盤臓器脱手術の患者さんが入院していることになります。

 

この骨盤臓器脱手術を受けたご婦人たちって、仲良くなっておしゃべりしてることが多いんです。

 

いっぽう男性の患者さんは、たいてい一人で過ごしてるので、これと対照的です。

 

骨盤臓器脱の手術を受けたご婦人たちは、仲良しになることが多いんです。

なんでだろう?と、理由を考えてみたことがあります。

そしたら・・・

 

  • みんな年の近い女性。
  • みんな同じ6階病棟の女性部屋に入院している。
  • みんな同じ骨盤臓器脱で、同じ主治医(私)から、ほとんど同じ手術を受けている。
  • みんな手術の翌日から、ご飯を食べることができて、院内を歩き回れて元気がいい。
  • みんなほとんど同じような経過をたどり、同じような入院期間で退院する・・・

 

うーんたしかに、こうやって書いてみると、たしかに仲良くなりそうですね(笑)

 

退院後の外来で、ときどき言われる言葉がこれです・・・

 

退院したあとは、みなさん3週間後に外来に来ていただきます。

 

その次は3か月後に来てもらうので、わたしが予約を取るんですけど、ときどき患者さんからこんなこと言われたりするんです。

 

「次の受診も、△△さんと、同じ時間にしてね(笑)」とか、

「〇〇さん□□さんの3人で、いまから、ららぽーとに行ってお茶するの~(笑)」とか。

(ららぽーと柏の葉が、辻仲病院の隣にあるんです)

 

ほほー、今からお茶ですか。いいですねえ。

いろんなカフェがありますよ。

 

お茶するときは、やっぱり私の話題も出るんでしょうね。

下手なことはできません・・・(汗)

 

赤木一成 辻仲病院柏の葉・骨盤臓器脱外科