たまーに行っている子宮脱の手術:マンチェスター手術

 

 

子宮脱の術式に、「↑マンチェスター手術」という方法があります。

詳細を知りたい方は、海外のサイトをご覧ください。

 

要は、「子宮頸部(脱出している子宮の先端)を切断して、残った子宮に靭帯を縫い付けて吊り上げる」という方法です。

古くから行われている、伝統ある術式です。

 

私もかつて、ベテランの婦人科先生から手ほどきを受け、この術式をレパートリーのひとつに加えています。

 

一般的な子宮脱と、若い人によく見られる子宮脱。

60代とか70代の高齢女性に見られる、一般的な子宮脱って、子宮だけが出てくるケースはまれです。

たいていの場合、膀胱もくっついて下がってくる(膀胱瘤)んですね。

 

でもときどき、膀胱がほとんど下がってなくて、子宮脱だけのタイプもあります。

子宮が下がってくるというより、子宮頸部がクチビルみたいに伸びてきて、膣の外に出てくるんです。

40代くらいの若い人の子宮脱は、このタイプが多いです。

そしてマンチェスター手術って、こんなタイプの子宮脱に向いてるんです。

 

若い子宮脱患者さんの心配:「性生活を重視するけど、体内に一生メッシュを入れるのも不安」

40代くらいの若い人で、子宮脱で悩んでいる方が、ときどき受診されます。

手術をおすすめした場合に、患者さんが心配されるのが、「性生活を考慮する必要があるけど、おなかの中にメッシュを埋め込むのも不安」ということなんです。

 

 

若い人だから、自分で情報を仕入れてきています。

  • 自分は性生活を考慮する必要がある。腹腔鏡手術は膣壁に傷ができないので、こちらがよさそうだ。
  • でも腹腔鏡手術は、おなかの中にメッシュを埋め込む必要があるらしい。
  • あと半世紀は生きるつもりなのに、一生おなかの中にメッシュを埋め込んで大丈夫なんだろうか?
  • 将来もし直腸がんとか子宮頸がん(上図)になったら、大変なことにならないか?

 

・・・こんな風に悩んでいる方に、マンチェスター手術を提案することがあるんです。

 

こんな場合にマンチェスター手術を提案することがあります。

このマンチェスター手術、工夫してやれば膣壁を温存できるんですね。

いまのところ、このやり方で、性交障害の苦情をいただいたことはないんです。

 

再発はさすがに「ほとんどゼロ」というわけにはいきません。

これまでこのやり方で10人やって、一人に膀胱瘤の再発があって、経過観察中です。

 

要するに・・・

性交障害は、マンチェスター手術も腹腔鏡手術も、起こる可能性は低い。

「体内に異物(メッシュ)を入れないこと」を重視するなら、マンチェスター手術。

「再発率」を重視するなら、腹腔鏡手術。

こんな感じになります。

 

私の話の持っていきかたはこんな感じです。

長々とお話してきましたが・・・

「子宮頸部が伸びているタイプ」の子宮脱で、性生活を重視する若い人に対して、私の話の持っていきかたはこんな感じになります。

  1. まずはマンチェスター手術をやってみてはどうか。これならメッシュを体内に入れる必要がないし、性交障害リスクも低いし、これでも大半の人は治る。
  2. もしこれで再発するようであれば、あらためて腹腔鏡手術を考慮すればいい。

 

医師によって考え方はさまざまですが、ここでは私のスタンスを示してみました。

 

赤木一成 辻仲病院柏の葉・骨盤臓器脱外科