子宮脱膀胱瘤手術の前にペッサリーは外すべき? できれば外しましょう。

 

わたし、子宮脱の手術を受ける予定です。

ペッサリー(リング)が入ってるんですけど、これは手術まで入れておいていいの?

それとも前もってはずしておいたほうがいい?

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 子宮脱手術の一か月前には、ペッサリーを外しておいた方が無難です。
  • とはいえ、手術までペッサリーを入れておいても、いつも通りの手術はできています。
  • ただし、術後に膣粘膜の癒着が生じやすくなります。

わたくしが手掛けている年間200例の子宮脱/膀胱瘤手術のうち、3~4割くらいの患者さんが、ペッサリーを使用しています。

当院では、入院一か月前に術前検査を行うのですが、このときにペッサリーを外すようお勧めしています。

その理由についてお話ししますね。

 

子宮脱手術の一か月前には、ペッサリーを外しておいた方が無難です。

CooperSurgical社様のサイトより引用

 

ペッサリーを手術ぎりぎりまで留置しておくと、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

①癒着が起こって手術の危険が増す

ペッサリーを長期間留置しておくと、膣壁に炎症が生じ、癒着が起こります。

ペッサリーを手術一か月前に外しておけば、手術するころには炎症がとれて、問題なく手術をおこなえます。

いっぽうペッサリーを手術当日まで入れておくと、手術のときに出血しやすくなります。

また私は経験していませんが、臓器損傷のリスクも増えるとされています。

 

②手術がやりにくい

骨盤臓器脱の手術では、子宮がある程度下がっていないと、手術がやりづらくなります。

ペッサリーを手術ぎりぎりまで留置していると、子宮が奥の方に引っ込んでしまっており、手術がやりづらいことがあるんです。

 

とはいえ、手術までペッサリーを入れておいても、いつも通りの手術はできています。

ペッサリーは手術1か月前に外す方針なんですけれども、それでも「ペッサリー無しで1か月も過ごすのは耐えられない(泣)」という患者さんもおられます。

このような場合には仕方ないので、「手術までペッサリー入れてていいですよ」と言っています。

たしかに手術はやりにくくなるのですが、大量出血とか臓器損傷とかのトラブルは、今のところ起こらずにできています(ほんとは外してほしいんだけど)

 

ただし、術後に膣粘膜の癒着が生じやすくなります。

↑これ、辻仲病院の患者さん用浴室です。それはさておき・・・

ペッサリーを手術ぎりぎりまで留置していると、膣粘膜に炎症が起こるため、術後に膣粘膜が癒着しやすくなります。

癒着してくっついたまま放置しておくと、そのままはがれなくなって、膣が変形してしまいます。

術後一か月以内であれば、くっついているところを指ではがすことができますが、はがすときに出血が生じるので、できれば避けたいものです。