直腸瘤は、さまざまな要因が複合して起こると考えられている。

・出産で膣周囲の組織が傷ついて弱くなる。
・加齢で女性ホルモンが減少し、骨盤臓器を支える筋肉や靭帯が弱くなる。
・いきむ習慣や肥満などで骨盤内の圧が高くなり、膣に圧力がかかる。

 

解説

直腸瘤はなぜ起こるのでしょうか?

直腸瘤の最大の原因は、出産で膣周囲を支えている組織が傷害を受けることです。

特に出産回数の多い方や、難産だった方の場合、膣周囲の組織がダメージを受けている可能性が高いため、将来直腸瘤を生じるリスクが高くなります。

また、女性の更年期以降では、女性ホルモン(エストロゲンといいます)が減少してきます。そのため骨盤内の臓器を支えている筋肉や靱帯がさらに弱くなるため、直腸瘤を生じるリスクがさらに高くなってくることになります。

これに加えて、排便時にいきむ習慣のある人や肥満の人では、さらに骨盤に圧力がかかることになります。

以上の理由から、直腸瘤は出産経験のある中高年(大半が60代以上)の女性に多く発生することになります。